弘前地産地消レストラン

SASINO

本物を知る事。本物である事。自分らしさを出すこと。

サスィーノの仕込みは農園での種植えから始まります。
雪の解けた土を耕す。種を植え、育てる。収穫する。
ウコッケイの世話をして、卵を採る。
自家製のワイン用のブドウの手入れをする。
自家製の生ハムを仕込み、熟成させる。
近隣の牧場から運ばれるミルクから自家製チーズを作る。
紅葉が始まる頃にはスタッフ総出でブドウを収穫し、ワインを醸造する。


as a chef at SASINO,

to know how to live true to myself,
behold the charm of rural life in Hirosaki through the seasons,

I deliver the blessings of nature to our guests.

Spring…..
as the snow has disappeared,
wishing a good harvest in fall,
I plough and sow the vegetable seeds.

Summer….
during a fermentation and maturing process of cheese,
during a ripening process in raw ham,
while taking care of fowls,
I pleased with the growth of vines.

Fall…..
when leaves changed their color,
sharing the joy of harvest with all SASINO staff,
I harvest grapes for making wine.


Campanilismo: カンパニリズモ。
イタリアでは教会の鐘の音が届く所までが自分の人生のテリトリーという、考え方があります。たとえばシンプルな前菜のカプレーゼ。サスィーノのカプレーゼは地元のミルクから作った自家製のモッツァレッラと自家農園のフルーツトマトとバジルが材料となります。サスィーノでは食のカンパニリズモを弘前で表現してまいりました。そしてこれからも。
サスィーノが奏でるカンパニリズモをお楽しみください。


Italian have an important aspect of life, which is called Campanilismo. It symbolizes a sense of belonging in the place where you were born.
We interpret Campanilismo to cuisine. We use the finest, freshest and most seasonal ingredients sourced locally.

We created our menu in hope that our guests will enjoy the authentic Italian cuisine collaborated with culture of Hirosaki.
With our restaurant-made-cheese and the seasonal vegetables grown in our kitchen garden, each pleasing to the eye dish, expressing the seasons of Hirosaki, will bring you a special and memorable experience.

Our seasonal rich Italian dish will appreciate our guests.

profile

sasamori笹森通彰1973年青森県弘前市生まれ。
仙台のイタリア料理店で料理に目覚め3年勤める。その後3年間、都内の有名店などで修行し、2001年1月に渡伊。ミシュラン2つ星レストラン「ドラーダ」、「アルノルフォ」をはじめ各地で2年半修行。 2003年6月帰国。同年8月、30歳を機に、弘前にイタリアンレストラン「オステリアエノテカ ダ・サスィーノ」をオープン。

料理だけではなく、自ら野菜や生ハム、チーズ、ワインまでを素材から作り出す姿勢が全国から注目され、数々の雑誌やTV「情熱大陸」など、多数のメディアに取り上げられる。
2014年JAPAN CHEESE AWARD部門別金賞銀賞ダブル受賞。農水省料理人顕彰制度「料理マスターズ」ブロンズクラス受賞。

2015年フランス国際チーズコンクール部門別銅賞受賞。

詳しくはこちら


Michiaki SASAMORI
Born in Hirosaki, in 1973, he first worked at an Italian restaurant in Sendai for three years. After working around many famous restaurants in Tokyo, he trained himself working at 2-Michelin star Dorada, Arnolfo and other restaurants in Italy from 2001 to 2003. In Aug. 2003 he opened his own restaurant “OSTERIA ENOTECA DA SASINO” in Hirosaki right after he turned 30.
He makes ham, cheese, wine and other foods served at his restaurant by himself. He also grow vegetables and fruits to use as ingredients. The way he manages his restaurant attracts the media. He became famous after he had been noticed in one of documentary TV shows,”情熱大陸”.
In 2014 he was awarded a ‘gold prize’ and a ‘silver prize’ by JAPAN CHEESE AWARD. He won a ‘Bronze Award’ by The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries (MAFF) “Ryori Masters”. He was awarded a bronze award by the World Cheese Awards in France in 2015.

information

OSTERIA ENOTECA DA SASINO

HONCHO56-8 HIROSAKI AOMORI GIAPPONE

tel.0172-33-8299 info@dasasino.com

Dinner 18:00 – 21:00 (L.O.) 日曜定休 G.di CHIUSURA:DOMENICA

acccess mapはこちら

SASINO

OSTERIA ENOTECA DA SASINO dal 26 AGOSTO 2003

早いもので本日、本店13周年とピッツェリア6周年。これからも変わらず突っ走ります。

13anni

SASINO

夏休み

8月21日から24日まで夏休みを頂きます。

ピッツェリアは22日から25日まで夏休みになります。

よろしくお願い致します。

Risto-estate-2013

SASINO

ベレゾン

今年のぶどう畑は若干の黒とう病と実ベトが出ましたが、

農薬の散布回数もかなり少なく、今の所順調でして本日から房まわりの除葉開始。

そしてメルローのベレゾン本日確認。あと2ヶ月後に収穫予定。

IMG_20160810_125821

SASINO

Muffa Bianca

自家製白カビチーズ、販売開始致しました。

ピッツェリア・ダ・サスィーノでお求めくださいませ。

DSC05134

SASINO

tipo taleggio

つくるぞウォッシュチーズ

自家製のウォッシュチーズ、熟成15日目。数年の試行錯誤の末、白カビチーズに続き、安定して製造出来るようになってきました。こちらも少量ながら量産開始します。

長かった。。。

 

022 (2)

SASINO

自遊人8月号

本日発売の自遊人8月号、人間力レストランにおいて、9ページにわたる笹森のインタヴューが掲載されております。今まで見たどの料理雑誌よりも濃厚な内容になっております。ぜひご覧くださいませ。

002 (2)

SASINO

Pane al Nebbiolo

パンの試作。

今まで市販のイーストを使ってましたが、サスィーノネッビオーロの絞り粕から酵母を起こし、発酵させて焼いたパン。

香りよく味わいもなかなか。

弘前というか、サスィーノのサスィーノ度がひとつ高まった感じがちょっと良い。

001 (2)

SASINO

Formaggio Muffa Bianca

自家製の白カビチーズが、納得出来るレベルの物が安定して製造できるようになったので、少ないながら量産開始。あとは商品名やパッケージや包装紙をどうするかですが、専用のパッケージを作ると数年分の注文になるので、汎用品を扱う業者探しから始めます。IMG_20160620_192551-2